どんなバスでの売却できる

分からないことがあればネットを活用しましょう

最近ではネットの普及によって、ネットを活用することで、様々な情報を手に入れることができます。バスの買取・売却情報について詳しくまとめているので、初めての方はぜひ参考にしてみてください。

売却する際の業者選びでのテクニック

中古バスを最高額で売却するためには、最低でも3~5社以上の貿易商社である買取業者から査定を受けるようにしましょう。そうすることで、自分の中古バスの相場を知ることができ、その中でも最高額の買取業者と契約を結ぶことができるのです。

中古バスの選び方・チェックポイント

エンジンの排圧をチェック

まずはエンジンの排圧のチェックが必要になります。オイル漏れや吹き返しがない、異音がない、ブレがないといった項目をチェックする必要があるでしょう。ぜひ確認してみてください。

腐食のチェック

腐食がひどいといくらエンジンのコンディションが良くても、車検に通りません。そのため、バスをチェックする際には一番気を遣ったほうがいいと言えるでしょう。

外装のチェック

もし、外装の再塗装が必要であれば、一体どのくらいかかるのかを考えましょう。また、板金が必要な場所やフロントガラスの飛び石といった点も確認しておく必要があります。

内装のチェック

内装のチェック項目は数多くありますが、まずはメーカーがしっかり作動するのか。そして、補助席のシートベルトの有無と内装のオーディオは外されていないかを確認します。

空調のチェック

運転をするにあたって、空調のチェックも必要です。A/Cの冷え具合やヒーターの温まり具合などを確認しておくといいでしょう。

中古バス人気ランキング

no.1

マイクロバス

コンパクトな車両ですが、バスの中では最も需要のあるバスのため、買取金額が高く設定されています。その他のバスと違って、トランクルームがありません。

no.2

大型バス

大型バスは、座席数が45席から90席のものを指します。大人数での長距離移動などに使われているバスになります。こちらは、バス会社を運営する方が購入するため、需要があります。

no.3

中型バス

中型バスは、座席数が20席から25席のものになります。トランクルームが付いており、中距離もしくは長距離移動に向いているバスになります。

no.4

ミニバス

定員13名といった、最もコンパクトバスになります。ちょっとした距離の送迎などに重宝されている種類になります。観光地などの送迎に使われており、近年人気となっています。

no.5

小型バス

座席数は20席以下で、現在では製造されていないためほとんど見かけることはありませんが、海外では様々な場所で走っているバスになります。

中古バスを売りたい方へ

女性

買取業者の選択方法

最近では、インターネットを活用することで、簡単にバスの買取業者を探すことができます。まず行うことは、バスの状態を知るということです。バスの製造年式や走行距離などを知っておくことで、高額で売れる可能性があります。また、最近ではどんな状態のバスでも大きな価値があるため売れるのです。高くで売る場合のポイントは、国内と海外に販路を確保している貿易商社である中古バス専門の買取業者に依頼することなのです。

貿易商社のバス買取業者に依頼するメリットは

メリットはなんといっても売却する中古バスを世界中の市場にかけることができ、高額売却の可能性が高まるということです。海外では、国内で販売されている中古価格以上の高値で取引されています。なぜならば、日本製のバスというのは世界中から高い評価があるため、世界トップクラスのシェアを誇っているのです。その為中古であろうと日本製ということで、高値での取引が行われています。

複数の買取業者に査定してもらう

日本製のバスは世界的な需要の高まりにより、市場価格が高騰しており、今バスの買取業界では買取合戦が行われているのです。そのため、中古のバスを高額で売却するためには、複数の買取業者から査定を受けて、一番高く買取ってくれる業者を探す必要があります。